日本人女性の薄毛・脱毛事情

女性の薄毛・脱毛事情

生活習慣の変化、生活環境の中でのさまざまなストレスが原因と言われています。
職場や家庭の中で、仕事や人間関係、家庭の中では子育てや夫婦関係、嫁姑、介護問題などさまざまなストレスにさらされやすい状況です。
ストレスから円形脱毛症になる人もいます。

統計的にみると、女性よりも男性のほうが髪にトラブルが多いのですが、女性は全体の約2割で、約1,700万人の女性たちが髪に関する何らかのトラブルを抱えていると言われています。

一昔前は、かつらと言えば男性用が主流でしたが、近年は女性のかつらや付け毛がよく売れているそうです。

女性の髪トラブルは、早い人で30代~40代で気になりはじめた人もたくさんいます。
食生活が変化してきたことやストレス、普段使っているヘアケア製品が合っていないことなどが原因です。

女性の髪トラブルは年々増加!?

薄毛や脱毛の髪トラブルに悩む女性が、近年増加しています。

女性の髪トラブルには、びまん性脱毛症が多く見られます。
びまん性とは、一面に広がるという意味で、髪の一部分ではなく、全体的に広がることを指します。
髪は生えていても、頭皮が透けて見えるような状態で、髪の密度が少なくなっている状態です。

早い人で40 ~ 50代に多く見られ、精神的なストレスが原因とされています。
この時期になると、仕事と家事との両立、介護の問題などさまざまなストレスを抱え込みやすく、生活環境や食生活とも大きな関わりがあります。

出産後の女性に多くみられるのが産後脱毛症で、女性ホルモンのバランスの変化が原因とされています。
とくに病的なものではなく、出産後に一時的に脱毛しても時間の経過により落ち着いてきます。

その他に、一か所に発生する円形脱毛症やポニーテールなど髪を引っ張りが原因で起こるけん引性脱毛症などがあります。

まずは女性にも安心のシャンプーで頭皮環境を整えてみる

無添加の育毛剤でハリコシのある髪を目指してみる