薄毛・抜け毛になる条件

薄毛・抜け毛になりやす人の条件とは?

髪の状態は人によって異なります。
歳を重ねるにつれ薄毛や抜け毛が増えてくる人がいれば、いつまでもふさふさとして髪を維持する人もいらっしゃいますね。

薄毛や抜け毛が多い人にはどの様な特徴があるのでしょうか。
薄毛や抜け毛になりやすい人の条件について探ってみましょう。

【薄毛・抜け毛になりやすい人の条件】
身内に薄毛の人がいる
パーマやヘアカラーをしている
喫煙者
ストレスをためやすい
間違ったヘアケアをしている
ヘルメットを着用

身内に薄毛の人がいる

よく父親が薄毛であるとその息子も薄毛になると言われています。

それは遺伝だから仕方がないと諦めている人、覚悟を決めている人が多いですね。

しかし、薄毛や抜け毛の多さは遺伝ではありません。

薄毛になりやすい体質が遺伝するだけであって、必ずしも薄毛になる訳ではありません。
あくまでも薄毛になりやすい条件であるという訳です。

パーマやヘアカラーをしている

パーマやヘアカラーは髪や頭皮にダメージを与えます。

傷ついた髪はツヤやハリを無くし、細く抜けやすくなります。

ダメージを受けた頭皮では、健康な髪が生育できないので、自然と髪の量が減っていきます。

喫煙者

喫煙によって、頭皮は血行不良の状態に陥ります。

頭皮に十分な栄養が供給されなくなると、抜け毛が増え、薄毛になってしまいます。

ストレスをためやすい

髪の健康にストレスが大いに関係しています。

ストレスがあると自律神経やホルモンバランスに乱れが生じ、髪への栄養供給がスムーズに行われません。

ストレスがあると不眠症になりやすく、睡眠不足によって髪が抜けやすい状態を引き起こします。

間違ったヘアケアをしている

頭皮を清潔に保つことは薄毛や抜け毛対策には大切です。

しかし、 刺激が強いシャンプーを使ったり、
汚れだけでなく、頭皮に必要な皮脂も全て洗い流してしまう

といった間違ったヘアケアをしていると、

かえって頭皮の状態を悪化させることになりかねません。

ヘルメットを着用

ヘルメットを被ると、ヘルメット内は高温で蒸れやすい状態になります。

頭皮の環境は悪化し、常在菌などの菌が繁殖してしまいます。

ヘルメットをよく被る人は、頭皮が不潔な状態になりやすいので、薄毛や抜け毛になりやすいとされています。

自宅でできる効果的な頭皮マッサージのやり方を
詳しく見てみる