日本人男性の薄毛・脱毛事情

男性の薄毛・脱毛事情

一般的に女性よりも男性のほうが、髪に関するトラブルが多く、早い人では20代後半から脱毛や薄毛がみられる人も少なくありません。
日本人男性で薄毛や脱毛などの髪トラブルを抱えている人は、約2,500万人と言われています。
20歳以上の男性の4人に1人は薄毛という統計結果が出ており、男性型脱毛症がほとんどです。

男性の脱毛の原因のほとんどは、男性ホルモンや遺伝、食生活や生活環境などによるものです。

脱毛や薄毛は、早めのケアが必要で、地肌の血行促進、頭皮のケアが必要です。
ふだんからストレスをためない生活を心がけることも大切です。

男性ホルモンと薄毛・脱毛の関係

男性に多い薄毛や脱毛の症状には、男性型脱毛症があります。
前頭部や頭頂部などに薄毛や脱毛が見られます。

一般的に、髪の毛は成長してから抜けるまでの成長期、移行期、休止期というヘアサイクルが毛周期ですが、成長期が短くなり、休止期が長くなるのが男性型脱毛症で、髪が成長しないうちに休止期に入るので、次第に髪の量が少なくなります。

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌と深い関係がありますが、必ずしも男性ホルモンが多ければ、薄毛や脱毛になりやすいとは限りません。
また、精神的なストレスや食生活など、さまざまな要素が絡み合っています。

円形脱毛症にかかる人もいますが、その中でも単発型・多発型などさまざまな種類があります。
髪の毛だけでなく、ワキ毛やうぶ毛などの全身の毛が脱毛・薄毛になる人もいます。

まずはオススメのシャンプーで頭皮環境を整えてみる

オススメの育毛剤でハリコシのある髪を目指してみる