男女の薄毛抜け毛の違い

男女で違う薄毛や抜け毛の進み方

頭皮のマッサージなどで髪の健康に気を遣っても、
加齢によって薄毛や抜け毛が起こるのは、致し方ないことかもしれません。

しかしよく観察すると、
男性は薄毛や抜け毛の先にある状態がいわゆる「ハゲ」であるのに対し、
女性ではあまりそうした状態は見られません。

女性の場合は全体的になんとなく薄くなり、
頭皮が透けたり分け目が目立つのが特徴
です。

ということは、男女で薄毛や抜け毛の進み方に、明らかに違いがあるということになりますね。

男性の場合

詳しく見てみますと、男性の薄毛や抜け毛には、

頭のてっぺんから抜け毛が進むO型脱毛症と、

額の生え際から始まって徐々に生え際が後退していくM型脱毛症

また両方のタイプが同時に起こる複合型と、

三つのタイプがあります。

いずれも、
それまでは元気に生えていた髪がある時からうぶ毛のように細く柔らかく弱々しいものになり、
最後は完全版な抜け毛となって頭皮が露出する
ことになります。

女性の場合

女性の場合、薄毛や抜け毛の悩みと言えば、タイプは一つ。

びまん性脱毛症です。
びまん性とは広範囲に広がるという意味で、男性と違って、
頭のてっぺんなどに集中して薄毛や抜け毛の症状が起こるのではなく、頭髪全体に進んでいきます。

その結果として、
分け目やつむじが目立つようになったり、
頭皮が透けて見えるようになり、
全体的にボリュームがなくなっていく
のです。

カギは男女とも、男性モルモンだった!

男女で違う薄毛や抜け毛の進み方や症状も、実は主な原因は同じ。

カギとなるのは男性ホルモンです。

テストステロンという男性ホルモンが酵素と結びつくと、毛母細胞を攻撃する成分に変化します。
そのせいで毛髪が弱まってうぶ毛のようになり、やがて脱毛へとつながるという仕組みです。

女性にも男性ホルモンは存在し、テストステロンももちろん存在しますが、
男性と比べて量が少ない為に、男性のように完全に「ハゲ」の状態にはなりにくいのです。

その変わり女性の場合は、閉経を迎える頃に女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、
一つの毛穴から複数本生えていた髪の本数が少なくなったり、生えてきても細くなったりするため、
全体的に見るとボリュームダウンしたと感じるようになります。

自宅でできる効果的な頭皮マッサージのやり方を詳しく見てみる