髪と睡眠の関係

健康な髪は睡眠から

睡眠は私たちの身体にとって、万能薬とも言える効果をもたらします。

睡眠を取っている間は成長ホルモンが分泌され、身体の様々な組織の修復作業が行われます。

昼間の活動で蓄積したダメージが、ここでリセットされるわけです。
これは頭皮や髪にとっても、とても大切な時間です。

髪が作られるには、毛母細胞に活発に働いてもらわなければなりません。
その働きを後押しするのが、睡眠なのです。

特に午後10時から午前2時の間は成長ホルモンの分泌が最も盛んになり、それに伴って毛母細胞の活動も最も活性化する時間帯です。

逆に言えばこの時間帯に睡眠を取らないと、成長ホルモンの分泌量は落ち、毛母細胞の活動力も低下するということになります。

その結果、健康でツヤのある髪が生えなくなったり、抜け毛が増えたり、頭皮の潤いが保たれず乾燥してフケが多くなったりするなど、様々な不調やトラブルが発生するのです。

睡眠の質も大切なポイントです

午後10時から午前2時の時間帯に睡眠を取ることの大切さはお分かりいただけたと思いますが、その質も大切なポイントです。

この時間帯に確かに眠ってはいても、眠りが浅くて何度も目覚めてしまうようでは、成長ホルモンもしっかりと分泌されません。

しっかりと深い眠りをとって、頭皮の新陳代謝を促したいものです。

新陳代謝が活発に行われている健康な頭皮は、青白い色をしています。

睡眠不足の人の頭皮は、血行が滞って黄色味を帯びてきます。
更にこの状態が続くと、赤みを帯びます。

そして完全に不健康な状態になった頭皮は茶褐色で、脂分が過剰に分泌されてテカっていることもあります。

良質な睡眠を取るための頭皮マッサージ

一日の疲れと汚れを取り、リフレッシュする入浴タイムは、良質な睡眠への入り口です。

洗髪する時は、頭皮マッサージを意識しましょう。

髪の生え際から頭頂部へ、下から上へと、指の腹を使って適度な力でマッサージしながら、頭皮の凝りをほぐしましょう。

また、就寝前のツボ押しも効果的です。
頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)というツボを、気持ちよいと感じる強さで押します。
中指でゆっくりと圧を加えながら数回押して、リラックスした状態で布団に入るのを日課にしては、いかがでしょうか。

効果的な頭皮マッサージのやり方を詳しく見てみる