脂性の頭皮の方に有効なシャンプーの成分

「馬油」が脂性の頭皮に効きます

馬油とは言葉の通り、馬の油です。

馬の皮下脂肪や尻尾の付け根のあたり、そしてたてがみから、またそれらを混合したものから、油分を取り出して作ります。

馬油の歴史は長く、4000年前頃には既に、中国の騎馬民族が、切り傷、火傷・水虫などの治療民間薬として使っていたそうです。

日本に馬油が持ち込まれたのもかなり古い時期のことで、400年ほど前に、唐の時代の中国の僧が持ち込んだと言われています。

馬油は食用としても使えるくらいですから、安心して使用できる成分です。

現代では育毛や発毛対策として、頭皮をはじめとするスキンケアにも広く使われています。

どうして脂性の頭皮に有効なの?

その秘密は、馬油に含まれる不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸は人間の身体にとって不可欠な脂肪分で、不足すると皮膚の炎症が起きたりして、皮膚が弱くなります。

そうすると更なるダメージを防ぐ為の保護膜として、過剰に皮脂が分泌されるようになります。

これが、脂性のギトギト頭皮になってしまう原因の一つです。

日々、紫外線やストレスなどによって頭皮への刺激があるのに、不飽和脂肪酸が足りなければ、頭皮はますます皮脂を分泌して頭皮を守ろうとします。

やがてその皮脂によって毛穴が詰まり、薄毛や抜け毛に発展していくのです。

馬油を使うと・・・
馬油を使うことで不飽和脂肪酸が補給されれば、頭皮の炎症も過剰な皮脂の分泌も抑えられ、強くて発毛しやすい頭皮にすることができます。

例えば「ウーマシャンプー」に含まれています

脂っぽいギトギト頭皮でお悩みの方には、馬油を主成分とする「ウーマシャンプー」をお勧めします。

「ウーマシャンプー」に配合されている馬油は、馬油のなかでも品質の良い「こうね馬油」で、浸透力が高いのが特徴です。

ですから、馬油の効能を頭皮にたっぷりと取り入れることができます。

しかも、頭皮環境を発毛・育毛がしやすい状態にしてくれる、25種類の生薬も配合されています。

ウーマシャンプーを詳しく見てみる